不動産を処分する理由

土地、マンション・戸建て住宅などの不動産を売却する背景には、様々な理由があります。

 

土地、マンション・戸建て住宅などの不動産を処分する理由

 

新居への移転、転勤、相続、離婚、負債の担保、などなどが主な不動産売却の理由となりますが、一部の方を除いては、不動産を処分すること、人生のうちで何度も何度もある経験ではありませんよね。

 

特に予想外の展開から一戸建てやマンションの売却問題が起きてしまったという場合などは、誰にどうやって相談すればいいのかさえ分からないということになります。これは当然です。今までの人生で経験がないのですから。

 

売却することをあせってしまって、たまたま近くにある不動産会社に飛び込んで、相談から一気に契約まで進んでしまった。というような話はよくあることです。

 

借金問題や遺産相続のもめごとで、不動産を手放さなければならなくなった場合などは、一刻も早く現金を作る必要性に迫られているので、冷静に不動産会社を選ぶ時間や精神的なゆとりがないのが現実です。

 

地域の不動産業者なので、正当にマンション査定をしているとは思いますが、競争する業者がいないということであれば、その額は業者に有利な価格になっているかもしれません。

 

土地、マンション・戸建て住宅などの不動産を処分する理由

 

また、普段からマンション売却案件をあまり扱っておらず、賃貸の仲介を中心としている不動産会社の場合には、不動産を売却するということ自体に慣れておらず、戦略などいまいち・・・ということもあるかもしれません。不動産業者ならどこでも同じ、という考え方はこういった危険をともないます。

 

不動産を手放す理由がどんな理由であれ、少しでも高く売るにはどうしたらいいのかを冷静に考えなければいけません。金銭問題が理由なら、急いでいるときこそじっくり対策を考えて、複数の不動産会社に査定を依頼することが重要です。もめている相手にその行動を伝えることで、理解してもらうことができるかもしれません。

 

「買取」という選択肢も

ネットの一括査定のサイトには「買取査定」もあります。

 

買取査定は、一般の仲介による売買ではなく、お客様から直接購入する場合の不動産価格を調査し、報告するサービスです。このサービスは複数の不動産会社に買取査定依頼ができます。

 

買取査定では、不動産会社が買主となることが多く、仲介手数料などの発生もなく、契約などもスムーズです。

 

とにかく早く、確実に不動産を売りたい、販売広告を出したくない、不動産会社に売却を依頼しているが、売れなくて困っている、というような方は、買取を選択しています。

 

ただ、仲介で売却する相場価格より安くなってしまうというデメリットがあります。

 

早く、スムーズに売るための代価という考え方であれば、買取査定を利用したほうがいいかもしれません。