住宅ローンが払えなくなってマンションを査定に出す際のポイント

住宅ローンが払えなくなってマンションを査定に出す際のポイント

 

住宅ローンが払えなくなり滞納した場合、数か月で抵当権による差し押さえの通知が裁判所から届きます。

 

差し押さえされた場合、競売にかけられて売却されますが競売は価格が低く、手数料も必要になるためローンの全額を弁済することができないのがほとんどで、住む家を失ったのにローンだけが残るというオーバーローンが起きます。

 

ゆとりローンについて

住宅ローンが払えなくなる理由にゆとりローンの利用があげられます。ゆとりローンはローン契約から数年の支払い額を抑えておき、年数がたったあとに支払い額を増やすという仕組みのローンです。

 

年数がたてば勤続年数が長くなり収入が上がるためゆとりローンでも返済が簡単にできるという計画ですが、収入があがらなかったり、リストラにあったり、勤め先が倒産してしまったり、、、などのイレギュラーな出来事が起きるなどの理由でローンの支払いができなくなり、やむを得ず滞納・・・という場合もあります。

 

差し押さえ、競売を避けるためには滞納しそうになったらすぐに任意売却の準備をすることが必要です。

任意売却とは?

任意売却であれば競売よりも高値で売却することが可能になり、滞納の事実を周りに知られることなく引越をすることもできます。

 

競売では退去時が決められてしまいますが、任意売却であれば余裕をもって引越の準備ができるので子供の学校の心配がなくなります。

 

また交渉によってはそのまま住み続けられることもあります。任意売却の査定に出す際にはできるだけ早くするというのがポイントになります。

 

時間に余裕があるほど、高値で売りやすくなるのでできれば任意売却の経験が豊富な不動産業者に依頼したほうが安心です。

 

債権者との交渉やオーバーローンの残債の処理、税金の処理、引越費用の確保、マンションの場合は管理費の滞納なども相談できるように弁護士など専門家と提携している業者であればより安心です。

 

他にローンがあるため住宅ローンの支払いが難しく、安定した収入がある場合には売却の他に住宅を残すことができる個人再生という方法もあるので、専門家への相談が必要になります。