離婚を機にマンション売却する前のチェックポイント

離婚を機にマンションを売却するときに、大きな分かれ道となるのが、住宅ローンの支払いが残っているか否かです。住宅ローンの支払いが残っている場合には、マンションには抵当権がついていますので、通常の不動産売買の方法では売却することは難しくなります。

 

離婚を機にマンション売却する前のチェックポイント

 

だれだって、抵当権が実行されたら強制的に売却されてしまうようなマンションを買おうとは思わないでしょう。

 

離婚をしたら、清算的財産分与(マンションなどの財産の分配)、扶養的財産分与(養育費など)、慰謝料的財産分与(傷つけた場合の慰謝料など)などの問題も発生します。

 

住宅ローンの支払いがまだ残っている場合には、どちらがその家に住み続けるかという問題があります。

 

夫がその家に住み続けるなら、ローンの支払いを続けると同時に、離婚の慰謝料や子供の養育費、別れた妻と子供が賃貸で暮らす場合にはその生活費なども支払わなければならず、負担は大きいです。

 

妻と子供がその家に住み続ける場合には、夫は賃貸で暮らしながら住宅ローンを支払っていくことになります。養育費や慰謝料を支払わないかわりに住宅ローンの支払を続けることを離婚の条件にするケースも多いようです。

 

離婚を機にマンション売却する前のチェックポイント

 

しかし実際にその家に住んでいない夫が住宅ローンを滞納するという事態は起こりやすく、滞納が続けば強制的にマンションを売却されてしまうというリスクもあります。

 

住宅ローンが完済できてない場合には、任意売却という方法でマンションを売却し、妻も夫も賃貸で新しい生活をスタートさせるというのが最もお勧めの方法です。

 

住宅ローンをすでに完済していて、完全に自分の資産となっている場合には、財産分与の問題となります。結婚している間に夫婦で協力して形成・維持してきた財産については、夫婦の共同財産として考え、離婚の際にはそれぞれの貢献度に応じて公平に分配することになります。

 

たとえ夫一人で稼いだ収入であっても、妻は家事でがんばったとして、共同財産としてとらえられます。財産分与に関しては、どのような分配方法であっても2人が納得すればよく、自由に決めることができます。話し合いで解決できない場合には弁護士に間に入ってもらうことになります。