早ければ早いほど良い?マンション査定依頼する時期・タイミング

所有しているマンションの売却を検討し始めたら、新しい住まいに引越しする時期を見計らって手続きを進めていく必要があります。子供の学校の都合もありますし新居の準備もあるでしょう。

 

まずは引越しまでのスケジュールを組み、それに合わせてマンションの売買に取りかかりましょう。

 

早ければ早いほど良い?マンション査定依頼する時期・タイミング

 

マンションのような所有している不動産物件を売却するためには、不動産会社に査定を依頼しなければなりません。査定は複数の不動産業者で受けることになるので、時間に余裕を持って希望の引越し日に間に合うようスケジュール通りに進めていきましょう。

 

査定が終わり売買を依頼したい不動産業者が見つかったら、媒介契約を締結します。媒介契約自体に時間は要しませんが、売りに出してからすぐに買主が見つかるということではありません。

 

物件の売却値段や状況にもよりますが、数ヶ月間から一年以上買主が見つからないこともあります。これでは、引越しのスケジュールに間に合わなくなります。

 

早いうちに売却したい方は、専属専任媒介契約や専任媒介契約ではなく一般媒介契約を締結することをおすすめします。一般媒介なら複数の業者と契約を結ぶことができるので、売却するための窓口が広がります。

 

買主を探すためにはインターネットや不動産情報誌等を使って物件を紹介していきます。価格や間取り、築年数等の条件面はインターネットで確認できても実際のイメージが分かりません。

 

実際に自分の目でマンション内を見ることなく購入する方なんてほとんどいないでしょう。もちろん新築マンションでまだ建設途中で中に入って見れない、ということであれば仕方ありませんが、中古マンションを買う場合には見れるわけですから。

 

数枚の画像を掲載することになりますが、実際に物件を見てみたいという方が現れたら内覧にいらっしゃいます。

 

買主になるかもしれない方が内覧に来るわけですから、早めに事前の準備をしっかり整えておくと安心です。庭木の手入れをしっかり行っている住宅をそうでない住宅とでは見え方が全く違うように、細かなところまでキレイに手入れしておくことで、自分も住んでみたいと思ってもらえる材料にもなります。

 

内覧の前に売主に連絡が入りますが、慌てて掃除をしても限界がありますね。試験勉強と同じように一夜漬けはよくありません。いつ来てもいいように普段からキレイにしておきましょう。