親から相続したマンションを売りたいケースについての解説

親から相続したマンションを売りたいケースについての解説

 

高齢化が進んだ現在では、独り暮らしをしている高齢者の数も増えています。その理由として、仕事や家庭の事情などによって自宅から遠く離れた土地に居住していたり、高齢となった両親のためにわざわざ仕事を辞めて自宅の戻ることが難しいという家庭が増えているためです。

 

このような高齢者の独り暮らしについては高齢化社会の課題となっていますが、相続時に発生する相続した不動産の扱いに関しても、遺産を相続した家族にとっては非常に頭の痛い問題となっています。

 

もしも、両親のどちらかが亡くなられた場合、亡くなられた人の遺産は残された家族が相続をすることになりますが、例えばマンションや一戸建てなどが相続財産として遺された場合、最初に問題になってくるのが相続をした不動産の扱いについてです。もしも、不動産を相続した人がその不動産に戻って生活をするのであれば問題はありませんが、家庭や仕事の事情でそうできないという場合には、誰も住んでいない不動産を所有して続けるかたちになってしまいます。

 

親から相続したマンションを売りたいケースについての解説

 

また、たとえ誰も住んでいない不動産であったとしても、その不動産には固定資産税が課税されることになります。つまり、自分では利用していないにもかかわらず、不動産を所有しているだけで毎年、固定資産税を支払い続けなくてはならないのです。

 

また、高齢化が進んだ現在では、相続する人もまた高齢者であるケースも多く、遺産として受け取った不動産を維持、管理していくことが難しいといった問題もあります。誰も住んでいない不動産には維持費、管理費が必要になってきますし、賃貸物件として人に貸し出したとしても最低限の維持費、管理費は必要になってきます。

 

相続した不動産の取り扱いに困ってしまったときには、思い切ってその不動産を売却してしまうという手段もあります。

 

売却をしてしまうことで固定資産税を支払う必要はなくなりますし、維持費や管理費も必要なくなるからです。その際には信頼のできる不動産業者を探すために複数の査定をお願いし、納得の査定価格を出してくれた不動産業者を選ぶようにしましょう。

 

複数の業者による査定をすれば条件のいい価格で売却することができるからです。