なかなかマンションが売れない時の対応策!値下げしたほうがいい?

夢のマイホームなんて言葉もありますが、今の時代でしたら、住み良いマンションに住み替えていくという選択肢もありますね。

 

さて、住替えを決めたら今の手持ちのマンションをどうするか。

 

簡単に言うと選択肢は2つです。
貸すか、売るか、です。

 

多くの人が「売却」を選択されると思いますので、今回は、どうやって売るかについてお話させていただきます。

 

なかなかマンションが売れない時の対応策!値下げしたほうがいい?

 

不動産業界には、「売れない物件は無い」と言われております。この理由は単純で、値下げすればいつか絶対に売れるということです。

 

とは言え、普通は高く売りたいと考えますので、仲介業者さんから「値下げ」を提案されても簡単に受け入れられないかと思います。でも、値下げを渋っていつまでも売れないのでは元も子もありませんので。

 

売れない物件の特徴

売れない物件にはいろんな要素があります。立地や築年数であったり、仲介業者さんによる価格戦略など。居住中のまま売却するのであれば、もちろん内覧時の対応や清掃・管理状態も影響してきます。

 

さらに深掘りすると、内覧に至るまでの仲介業者さんの対応も売れるか売れないかに大きく影響してきます。販売図面というものを作ってもらって、それを業者間ネットワークに載せるのですが、その作成センスなどもあります。

 

それら全てがマッチすれば、築年数にかぎらず、「意外と高く売れた!」なんてことはあります。

 

一度、マンションを売却に出したら簡単には値上げできません。リフォームして付加価値つけることはできますが、リフォーム費用がかかります。立地は変えられませんし、築年数も変えられません。

 

なので、複数の仲介業者さんに見積もりを依頼するのはもちろんですが、価格戦略を聞いてみたり、他のマンションでも良いので過去の販売図面のサンプルをもらうといいかもしれません。実際に、売却予定のマンションで作ってもらうとなお良いかもしれません。

 

それから一社に決めて売却の専任媒介契約をします。そして販売図面の閲覧回数はもちろんのこと、ご自分で内覧回数を把握しておきましょう。

 

内覧が減ってきたら、仲介業者さんを変えてみる、という選択肢も検討したいものです。避けたいのが、一般媒介契約で同時に複数社出してしまうことです。

 

同じ価格で、違う仲介業者さんにタイミングをずらして出す。それでも反応が増えなければ、残念ですが、いよいよ値下げするしか方法がなくなってきます。