不動産業者について

マンション・土地などの売買をするにあたって、自分ですべてを行うことはとても困難です。近年はインターネットなどを活用して売却物件の購入者を探すことも不可能ではないのですが、取引にあたっては、権利関係や建築制限、税金など、様々な専門知識を必要とします。

 

不動産業者について

 

不要なトラブルを避けるため、また煩雑な手続きを代行してもらうために、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。

 

不動会社は地域密着型の小規模なものから、全国に支店を構える大手のものなどがあります。小さくてもその地域で長く営業している業者は、不動産に限らず、様々な地域情報に精通しているので、これから新たにその地で生活しようとする人にはありがたい存在になります。

 

また、多数の支店を持つ大手の不動産会社の場合、自社のネットワークを活用した情報を持っていますので、遠隔地の取引も可能となるという長所を持っているということになります。

 

不動産会社の査定

不動産会社の査定は、不動産鑑定士の出す価格とは違って、公的に正式というたぐいのものではありません。あくまでも相場。

 

不動産業者について

 

しかし不動産査定は周辺物件の売出や成約状況、過去に扱った物件の比較などから相場を出してきますから、現実的だということもできます。

 

不動産査定にはいくつかの方法があります。物件の種類や用途に応じた「原価法」「収益還元法」「取引事例比較法」などです。

 

その査定を行うための方法として「机上査定」と「訪問査定」があります。

 

原価法=土地や一戸建てに用います

 

収益還元法=収益用のアパートなど投資用物件に用います

 

取引事例比較法=住むことを前提の中古マンションや一戸建てに用います

 

取引事例比較法を例に説明すると、机上査定方法で行う場合、担当者が周辺の取引事例や成約事例を調査。査定物件と似ている物件の事例を参考に、さらに部屋の形態や室内の設備、仕様、建物全体のグレードなどを比較考慮したうえで、査定価格を出します。

 

訪問査定は担当者が実際の部屋を見た上で査定価格を出します。この場合机上査定より細かい査定をすることができます。通常は机上査定を行ってから訪問査定を依頼することが多いようです。