分譲マンション内での騒音トラブルを解決するための知恵

賃貸物件に入居してかなり気になるのが近隣との関係です。特にマンションやアパートでは一軒家と違って騒音の問題が多かれ少なかれ発生することは覚悟しておかなければなりません。

 

分譲マンション内での騒音トラブルを解決するための知恵

 

賃貸物件における騒音問題は、自分が他の部屋の音を煩いと感じて我慢ができない場合、逆に自分が出した音を他の部屋に住む人が煩いと文句を言ってくる場合の二通りがあります。

 

一軒家隣同士でもまったくの無音というわけにはいきませんが、集合住宅では壁一枚だけで隔てられていますので少しの物音で神経質な人には気になるのかもしれません。

 

通常は我慢ができなくなった時に煩いとクレームを入れることになりますが、最近では直接騒音元の部屋主に怒鳴り込むという事は少ないでしょう。その昔は大家に相談して、それとなく先方に注意してもらうといった大家を仲介として問題を収めることが一般的でしたが近年、大家は管理自体を管理会社に任せていることが多いでしょう。

 

従って今はまず管理会社に相談するのが一般的です。しかし騒音を出している家庭には自覚がないのが普通ですから根本的には解決が難しいことが多いのです。ある程度の生活音はしかたない、クレーム主が特別音に神経質なのではないか、という話になる可能性もあるのです。

 

特に分譲マンションの場合は引っ越しができるわけではありませんから基本的に双方とも同じ部屋に今後も住まなければなりません。最悪の場合は裁判という事態も考慮しておかなければなりません。ここで大事なのは耐えられないほど煩いという事実を客観的に管理会社に理解させておくことです。

 

騒音の様子をボイスレコーダーなどで録音しておき、騒音の証拠を確保しておくことが重要です。逆に訴えられた方も音は許容範囲であると主張するために大きな音ではない、という騒音の証拠を持っていなければ不利となります。裁判では個人の感情よりも具体的な証拠が何より物を言うからです。単なる神経質な人の訴えと思われないためにトラブルが発生する前に事前に被害の状況を細かく管理会社に相談することが大事です。お互い引っ越せない以上、裁判は最後の手段なのです。"