マンションの水漏れの原因・対応方法と保険の活用について

マンションの水漏れの原因・対応方法と保険の活用について

 

マンションの水漏れの原因は専有部と言われる居室の給水管や排水管からの水漏れが原因で下階の専有部の天井から水が滴り落ちたりする水漏れ事故が発生します。特に排水管や水漏れやトイレからの汚水の水漏れは臭いや汚れを伴い、下階の不快感を伴い被害を拡大させ大きなトラブルになります。

 

水漏れ事故が発生したら、先ず発生原因を確認します。給水管の場合は居室の全ての蛇口を閉じても水道メーターの針が動いていた時は給水管からの水漏れです。その場合は、これ以上下階の被害が拡大しない様に水道の元栓を閉めてから直ぐに業者を呼びましょう。次に水漏れが排水管の場合は水を使用している場所に発生します。

 

水の使用を止めれば水漏れは止まります。例えば浴室のお湯や水を使用している時に水漏れ事故が発生した場合は、直ぐに浴室での水の使用を止めて下さい。そして、暫くして下階天井への水漏れが止まったら浴室からの水漏れである事が考えられますので、直ぐに水の使用を止めて業者を呼びましょう。排水管の水漏れの時は水道の元栓は閉める必要はありません。この様に、水漏れの原因によって対応の方法も異なります。水漏れの原因が給水管か排水管かをよく確認してから対応する様にしましょう。

 

水漏れ事故は下階で天井や壁にシミが出来たり、家財等が水に濡れる様な損賠が発生し事故を起こした上階の人は損害賠償責任を負う事になり、原状復帰する為に修理代等を支払わなければなりません。

 

上階の人が個人賠償責任保険に入っていれば保険金で損害金を支払う事ができます。個人賠償責任保険はマンション入居時に入る火災保険に付帯している事が多く、ご自分の入っている保険について個人賠償責任保険に入っているか今一度確認しましょう。

 

この様な専有部の水漏れ事故だけではなくバルコニーについてる雨樋からの下階への水漏れ事故等が発生します。バルコニーは共有部といわれ管理会社が管理をしている場所なので、バルコニーに設置されている雨樋の水漏れ事故が発生した場合は、直ぐに管理会社へ相談して下さい。管理会社は共有部を管理しています。