マンションのベランダで楽しむガーデニング!緑のカーテンって?

 

マンションのベランダで楽しむガーデニング!緑のカーテンって?

 

一戸建てのような庭がないマンションでもガーデニングをしたいと考える人は多いです。緑がちょっとあるだけでも気持ちが安らぎ、癒しの効果があります。

 

そのため、マンションのお住まいの方でもガーデニングを楽しむ方が増えています。マンションにはベランダが備わっているところが多いですが、ベランダには基本的に共用部分と専用部分があります。共用部分はマンションに住む全員のもののため自由に使うことができませんが、専用部分は自分のものですから原則として自由に使用できますが、念のため規約などを確認しておくことをおすすめします。

 

共用部分には避難ハッチが取り付けられていることが多く、万が一のときに避難ハッチを活用できるように避難ハッチの周辺にはプランターを含め物を置かないようにしましょう。専用部分は自分の好きに使うことができるので、プランターを置いて家庭菜園を楽しむ人が多くなっています。野菜はプランターでも十分に育ちますし、プランターは動かしやすいので太陽の動き方で日当たりの良い場所に移動させることができます。

 

日当たりの良い場所にプランターを設置することができれば、トマトやナス、キュウリなどの夏野菜を簡単に作ることができます。家庭菜園でできた野菜は無農薬で安心して食べることができますし、野菜の成長を毎日見ながら楽しめる魅力があります。またベランダに常に日当たりが良い部分があれば、緑のカーテンを作ることができます。

 

ゴーヤやへちま、朝顔などつる性の植物をプランターに植えて、つるが巻きついて伸びるように誘引できる紐を設置すれば、緑のカーテンを作ることができます。緑のカーテンは自然の産物ですから、真夏の激しい太陽の光を遮ることができ、室内を温度を下げることができるので、快適に過ごすことができます。緑のカーテンはつる性の植物であれば何でもできますので、ゴーヤなどの野菜やパッションフルーツなどでも作ることができます。