マンション探しの時にチェックしておきたい「家事導線」について

結婚や出産によって家族が増えたり、転勤や子どもの成長などにより引っ越しをお考えの家庭において、マンション探しの際に役立つポイントをご紹介いたします。

 

賃貸と分譲購入のどちらの場合でも、その立地や間取りが重要となってきます。マンション探しにおける内覧では、そこでの暮らしがより住む家族の生活スタイルに合っているか、家族構成に応じた生活のイメージをしながら選ぶようにします。

 

マンション探しの時にチェックしておきたい「家事導線」について

 

特に一家の家事を担う主婦は家の中で一番よく動くことになるため、その家事導線を意識した間取りであることが大切です。

 

家事はひとつずつ行うばかりではなく、料理をしながら洗濯をするなど二つ以上同時進行でなされることもあります。水まわりでの家事が主体となりますから、その行き来がスムーズにできると家事効率も上がります。

 

また、導線だけでなく水まわりの設備が古くないか、汚れていないか等も最初にチェックしておくべきポイントです。入居前に経年劣化等が見られる場合は今後リフォームの予定はあるのか確認しておきましょう。水まわりの設備が古いと汚れがつきやすく、日々の掃除も負担になってしまいます。

 

家族構成や生活スタイルにもよりますが、毎日料理をする家庭ではキッチンの使い勝手が良いかどうかも確認しておきましょう。

 

これまで料理に使っていたキッチンとこれから使うキッチンで配置にあまりにも差がある場合は使い慣れるまでに時間がかかりますし、ガスと電気では使用できる調理器具も変わってきてしまいます。

 

一日に何度も使用する洗面所にも、洗濯機を置くスペースが確保されているか、洗濯物を干す場所はあるのか等を見ておきましょう。

 

引っ越しにかかる費用や手間は大変大きなものですから、家族の暮らしに少しでも不便なことが起こらないように、家族構成とその生活スタイルを考慮しながら選定していくことで納得できるマンション探しをしたいものです。不満が少ない家ほど長く住まえる家と言えるでしょう。