マンションの断熱方法には外断熱と内断熱があります。

 

マンションの断熱方法 | 外断熱と内断熱の違い

 

外断熱は鉄筋コンクリート構造躯体の外側に断熱材を施工する方法で、内断熱は構造躯体の内側に断熱材を施工する方法です。

 

構造躯体は熱を保温する効果があるため、鉄筋コンクリートのマンションにおいては外断熱にした方が断熱効果は高く、室内温度を適切に保つのに有利とされています。しかし外断熱は断熱材の外側にさらに火事の延焼や風雨に耐える外壁をつくらなければならずコストがかさみます。

 

外断熱は室内温度を保つためにかかる費用が建築コスト全体を押し上げてしまうので、単純に選ぶことは適切ではありません。構造躯体に保温効果のない鉄骨造や木造は外断熱でも内断熱でも室内温度の差はさほどではありません。鉄筋コンクリートのマンションにおける断熱はそれ以外の要素も大きく影響します。

 

デザインに凝ったマンションで外気に触れる部分が多い建物は、断熱材を多く使うためにコストがかさみます。外壁以上に断熱に影響のある部位が屋根スラブと窓です。屋根スラブは日射の影響をまともに受けるため、最上階の住室は熱されやすくなります。窓はサッシとガラスによって建物内での熱損失の最も多いか所です。窓面積が大きいマンションは暖冷房費が高くつきます。

 

マンションの省エネ性能を高めるためには外断熱と内断熱の違いにかかわらず、断熱材の性能を良くし厚みのある材料を使う必要があります。サッシは断熱タイプのものを使い、ガラスはLow-eガラスなどの断熱効果の高いものを使うことで建物全体の省エネを図ることができます。さらに設備の省エネ化も重要で、エネルギー効率の良い機器を使うことで燃料費の節約ができます。

 

マンションの断熱方法における外断熱と内断熱の違いはさほどなく、他の要素の方が断熱には大きく影響します。マンションの建設においては省エネ法において、決められた基準以上の断熱性能が求められています。この基準は建築の外皮性能と設備の一次エネルギー消費量を抑えることで達成されます。

 

マンションの断熱方法 | 外断熱と内断熱の違い