不動産査定の必要性

新聞の広告やチラシ、また近年はインターネットのバナー広告などでも目にする「不動産査定」をご存じの方もあると思います。

 

ざっくり言えば、車の査定を知っている方なら不動産査定も同じようなものだと思えばいいのですが、大きく異なる点は、不動産は車の何十倍ものお金が動くということです。(高級車と比較する、という場合には話は変わってきますが。)

 

不動産査定は、土地や家・マンションの売買をしようと思った時に、まず一番最初に必要となるものです。

 

現在マンションや一戸建て住宅を持っている人の中には、それを売りたいと考えている人もいらっしゃいます。

 

個人的に売買できるものでもありませんから、不動産会社に相談することになります。友人・知人などを経由することによって買い手を自分で見つけることができることもありますが、そんなケースはまれですし、知り合いということで売却値段の交渉にも変に気を使ってしまって、後で後悔するということもあるでしょう。

 

不動産会社がその物件をいくらで売買できるかを試算するわけですが、不動産会社で査定を行う場合と、不動産鑑定士事務所に依頼する場合があります。

 

不動産は査定をすることで、適正な価格を知ることができ、スムーズな売買ができます。

 

手続きは少々面倒かもしれませんが、土地や建物を売る場合には不動産の査定は必要です。