DINKS向けマンションとは?

DINKS向けマンションが人気?どんな特徴があるの?

 

共働きで子供を持たない夫婦二人暮らしの場合、経済的にある程度余裕が出てきた頃に、今住んでいるマンションを売却して、DINKS向けマンションへ引っ越すという方もいらっしゃるでしょう。

 

現在、DINKS向けのマンションに関して言えば、コンパクトマンションのタイプがとても人気が有ります。

 

子どもがいないのでその分広さを必要としない事、ただ夫婦共働きとなっていて生活時間が別々になっている場合も多々あるので、お互いのパーソナルスペースを確保できる間取りとなっている必要があります。

 

その為、分譲であっても賃貸であっても、狭ければ良いという訳ではなくある程度の広さが必要です。基本的には30平米以上60平米未満と言うのがDINKS向けのマンションの一般的な広さです。

 

また、子供の学校の事などを気にする必要が無いので、気軽に引越しができるという点から分譲よりも賃貸のマンションの方が人気が有るようです。

 

賃貸は分譲とは違って自分たちのタイミングで簡単に手放す事ができるからです。

 

間取りについて

 

DINKS向けマンションが人気?どんな特徴があるの?

 

さらにコンパクトマンションの間取りに関して言えば、共働きのスタイルによっても人気の間取りが変わって来ます。

 

例えば、お互いに平日は仕事をしていて休日一緒に暮らすという風になる場合は、ある程度のリビングの広さが確保できる方が人気が有ります。

 

しかし、それぞれの生活時間が違う場合は、個室が必要となり、リビングの広さに関してはそれ程重視される事はありません。

 

一緒に過ごす時間を求めるのか、それとも個と言うのを尊重するのかによっても共働きで過ごすカップル向けのコンパクトマンションの間取りは変わって来ます。

立地に関して

あとは、DINKSと言う事で、幼稚園や学校などの教育施設が近くにある必要はありませんが、反対に自分たちの通勤には便利な場所にある方が良いと考える人が少なくありません。

 

従って、駅近くと言う事が多く、さらに車移動が主な移動手段という場合には大きな幹線道路が近いという事が条件になる事も多々あります。

 

さらに、仕事帰りに買い物などを済ませる事ができる様にする為に、近くにスーパーマーケットが有る環境も好まれます。

 

その為、現在増えてきているコンパクトマンションに関して言えば、ある程度生活に便利な所にあるというのも大きな特徴だと言えます。