会社員の不動産投資事情

 

会社員が不動産投資する場合の注意事項

 

サラリーマンが不動産投資をする際には、まず投資資金が限られていることが挙げられます。サラリーマンの多くは投資資金が少なめとなっていることから、投資物件は妥協をしがちとなってきます。

 

本来は都心のワンルームマンションへ不動産投資をしたいと考えていたものの投資資金に余裕がないために、郊外の物件へ投資をするといったことが起こってきます。郊外の物件だと都心の物件よりも、かなり安く購入ができるからです。

 

しかし、郊外の物件だと入居需要が低くなる可能性があり、不動産投資のリスクが高まる結果を招くことがあります。そのため、不動産投資ではできるだけ最高のロケーションの物件を購入した方が上手くいきやすい面があります。

 

サラリーマンでも妥協をせずに都心のタワーマンションの1室へ投資をすれば、今後も入居需要は高止まりし物件価格の上昇も見込めることが期待できます。タワーマンションの1室の購入価格は数千万円程度となりますが、不動産投資のリスクは抑えられるメリットが出てくると考えます。

 

しかし、高額物件の購入のために大きな借金をするのはオススメできません。大きな借り入れがあると将来、予想に反して物件価格が下落した場合には、通常の生活に影響を及ぼしかねない状況が起こり得るからです。

 

次にサラリーマンが不動産投資をする場合には、管理会社に信頼が置けることがポイントとなってきます。サラリーマンは通常は会社に勤めていることから、物件の管理などは管理会社に任せることになります。管理会社では借り主からの家賃徴収や、物件の修繕までを一手にこなすことになってきます。

 

しかし、経営体制がしっかりしていないと、空室が長く続いてしまう恐れが出てきます。また、不動産管理会社によっては、経営の継続性に問題のあるところもない訳ではありません。企業によっては、一時的に収益を上げることを目的としている場合があります。したがって、不動産管理会社は慎重に選ぶことが大事となってきます。

不動産投資以外の投資手法との比較

 

会社員が不動産投資する場合の注意事項

 

本業をもつサラリーマンであったとしても可能な投資の手段として、不動産投資やFX、株式投資などといったものが挙げられます。これらはそれぞれメリットやデメリットがありますので、投資スタイルに合ったものを選択するのがよいといえます。

 

FXや株式投資の場合、自己資金は比較的少額であったとしてもはじめられるようなプランが用意されていますので、間口が広いということができます。また、短期間で資産を増やせる可能性があるというところも、たいへん大きな魅力であるといえるでしょう。

 

しかしながら、わずか数日で暴騰することもあれば、反対に暴落することもあるという、ひじょうに流動性が大きな相場環境であるため、常にその動向をチャートで監視していなくてはならず、ストレスが溜まります。

 

最近では自動売買プログラムによる反対売買などもできるようにはなっていますが、プログラムというのはあらかじめインプットされた動作しかできないため、世界経済がめまぐるしく変化するなかにあっては、思ったほどの収益があがらないばかりか、かえって損失をこうむってしまうこともあります。

 

いっぽう、不動産投資のほうですが、たとえばマンションを1棟まるごと購入するのではなく、区分所有権として1室だけを購入したとしても、初期投資としてはかなり多額にのぼるため、FXや株式投資よりも敷居が高いと感じるかもしれません。金融機関から不動産投資ローンを借りて物件を購入することも可能ですが、FXや株式投資と比較すると、やはりその分だけ手間がかかるというものです。

 

しかし、不動産も市場の動向によって価格が変動するとしても、FXや株式投資にくらべると、その変動は時々刻々といったスパンのものではありませんし、どんなに相場が下落したとしても、現物があるかぎりは全く価値がなくなってしまうということもありません。

 

また、FXのスワップポイントのような例外はあるものの、所有しているだけで毎月の家賃収入が得られるという安定性があり、しかもその金額が生活を支えるに足るだけの金額があるということも、他にはない魅力であるということができます。