家族に安心感を

 

生命保険代わりにもなる不動産投資のメリットとは?

 

これから不動産投資を始めようと考えているのであればその取り扱う金額の大きさから実際にご家族の協力体制が必要となってくるものと思われます。しかしご家族の方が実際に不動産投資の話を聞くとよくある反応が、投資する本人に何かあった場合にどうなってしまうのかを考えると不安になってしまうというものです。

 

確かに月々の返済がいきなりできなくなってしまうので不安に感じることと思われます。しかし心配することはありません。不動産投資は生命保険の代わりにもなるのです。どういうことかと言いますと、通常不動産投資をする場合には金融機関で住宅ローンを組むのが一般的ですが、実際にローンを組む場合に団体信用生命保険に加入する必要があります。この団体信用生命保険に加入することが生命保険と関係あるのです。

 

このため、住宅ローンを組まない人はこの保険に加入しないので生命保険の対象外となります。では団体信用生命保険に加入するとどのようなことを保障してもらえるのかと言いますと、住宅ローンを組んだ債務者、つまりローンの返済義務が生じている人に何か障害があった場合、つまり債務者がお亡くなりになった場合はローンが精算されるような保障内容となっているのです。

 

ローンが精算されるとどういうことになるのかと言いますと、借金が返済された状態と同じ状態のマンション等が手元に残るので毎月多くの金額をローン返済に充ててきた分が無くなり家計が楽になります。また手に入れた不動産を人に貸すことができれば賃料が定期的に入ってきますし、不動産を手放してまとまった現金を受け取ることもできます。

 

このため、結果的に遺族の生活保障が可能になるということで、不動産投資は生命保険の代わりになると言われています。

 

実際に不動産投資を開始する際にそれまで毎月数万円もの保険料を支払っていた生命保険を解約してしまうことが多いようです。それだけ生命保険の代わりとして期待されているということなのです。

税金に関して

 

生命保険代わりにもなる不動産投資のメリットとは?

 

不動産投資を行うためには、不動産を購入あるいは取得、所有しなければいけません。このとき、この不動産には様々な税金がかかることは知っておくことが必要です。これら税金は投資に対するコストとしてのしかかってくるためです。

 

まずは不動産を購入する場合における消費税の存在です。この税金は減額される要素がないために、販売者から課税された分を支払う必要が生じます。次に都道府県税事務所が課税する不動産取得税です。不動産を取得したとき一回限りの税金で、不動産そのものを取得したときやあるいは持ち分などを動かした場合にも課税されてきます。この税金が厄介なのは、不動産を取得してからしばらく後に課税されてくる点です。減税の制度もありますが、中古物件の場合は取得者が居住するためでなくてはなりません。

 

さらに、減額を受けるための要件が細かく決められており、減額を受けられる場合と受けられない場合とで、全く異なります。

 

その他には毎年課税される固定資産税が挙げられます。この税金は毎年1月1日現在の所有者に対して1年間分を課税してきます。1年間分を季節ごとなどで分けて納税が出来るようにしています。厄介なのは不動産投資で途中、その物件を手放した場合でも、納税義務者は1月1日現在の所有者である点です。

 

都市計画税等の存在もありますので、非常に多くの税金が不動産に課税されることはあらかじめ知っておくことが非常に大事です。不動産を取得して投資により賃貸事業で儲けられると思っても、これらの税金が課税されることと、さらに入居者がいない期間中は、清掃費用も含めて税金がそのまま課税されてきます。

 

維持費が高く付きますから、よほどの好条件の物件でない限りは、手放す事も視野に入れての行動が求められるところです。人口減少でこれから日本では借りてくれる人が少なくなると考えられています。賃料減少などもあり得ることですので、よく考えて投資を決めなければいけません。