引越しや転勤が理由でマンション査定に出す場合の注意点

引越しや転勤が理由でマンション査定に出す場合の注意点

 

マンションを売却する際には査定を受ける必要がありますが、マンション査定を受けるタイミングには注意が必要です。

 

新居を購入し住み替えを考えている場合には、売却時期が大切なポイントになってきます。

 

マンション査定は相場を基に判断される場合が多いですが、売る側が常に有利な立場に立てるように計画することが大切です。

 

住み替えで新居探しがスムーズにいっている場合、早く契約しないと良い物件を逃してしまいますので、売却を急いでしまうケースが出てきます。

 

マンション査定でも交渉によって良い条件を引き出すことができますが、新居探しと新居の契約のために売却を急いでいることを悟られると、買い取り業者の思うつぼとなってしまう場合があります。

 

マンション査定では売却時期は大切なポイントになってきますが、売却した資金を基に新居探しをするくらいの基幹的な余裕を持つことが大切です。

 

住み替えによる新居探しでは、売却時期と購入時期のタイミングをうまく合わせないと、売れたはいいが住む場所がないといった問題も出てきます。

 

マンション査定では買い取りと仲介がありますが、同じように見えて全く異なる性質があります。

 

買い取りは買い取った物件を販売することを目的としていますので、販売業者の利益を見込んだ査定額となります。利益が含まれる分だけ買い取り価格が安くなってしまいますが、売る側としては確実に売却できるメリットがあります。

 

早い業者では2週間程度で買い取り金額が支払われるなど、新居探しを目的としている場合には自由度の高さがメリットになります。

 

一方で仲介の場合には、不動産業者は仲介手数料で利益を出すため、買取よりも査定額が高くなる傾向があります。不動産業者は買い取り金額を負担しなくてもよい分リスクが少ないですから、高額査定が出やすくなります。

 

しかし高額な販売価格につながるため、売却時期が予想できないデメリットもあります。

 

新居の購入により売却する際には、買取と仲介でメリットとタイミングをと比較する必要があります。

 

転勤などの引越しが理由での住み替えの場合、新しい生活の出発ですから、気持ちよくいきたいものです。なるべく早くマンション査定依頼をしたり、売却スケジュールを考えておくなど、スムーズに住み替えをしたいものですね。